エンデバーの水素ガス漏れ修理大詰め


Image Credit : NASA 打ち上げが延期されているスペースシャトルエンデバー号(STS-127)の修復が大詰めを迎えている。

すでに2度打ち上げの延期がされていて、2度とも外部燃料タンクへの燃料補給時に水素ガス漏れが発見された。

既に水素ガス漏れの原因となっていた部品の交換を終えており、配管のボルトなどの点検後、常温でヘリウムを使ったガス漏れテストを行った。さらに外部燃料タンクを極低温の液体水素と液体酸素で満たし、ガス漏れテストを行う。

打ち上げが延期される中、STS-127に登場する宇宙飛行士はヒューストンのジョンソン宇宙センターにてシュミレーターなどを利用して訓練を行っている。

次回の打ち上げは7月11日現地時間19時39分(日本時間12日8時39分)に設定。打ち上げに向け修理も大詰めを迎えている。エンデバー号では、日本人として国際宇宙ステーション(ISS)に初の長期滞在をしている若田光一宇宙飛行士が地球に帰還する。