きぼうモジュール完成


(Movie Credit : NASA ?STS-127飛行4日目のハイライト映像)

スペースシャトルエンデバー号できぼうモジュールの完成ミッションに向かったSTS-127のクルーが1回目の船外活動を7月18日12時19分(日本時間19日1時19分)に開始、若田宇宙飛行士は船外活動後ロボットアームを操作して「きぼう」船外実験プラットフォームを取り付け遂に構想から20年以上かかった日本の実験棟モジュール「きぼう」が完成した。機器類が正常に動作、「きぼう」は筑波宇宙センターの管制からのコントロールも正常に行われている事が確認された。