STS-128ディスカバリー号打ち上げへ


sts128 (Image Credit : NASA)

スペースシャトルディスカバリー号(STS-128)が打ち上げ準備の最終ステージに入った。

打ち上げはフロリダ州のケネディー宇宙センターにて現地時間8月25日1:36(日本時間25日14:36)に行われる予定。

打ち上げのために必要な50万ガロンにも及ぶ液体燃料注入が行われる。天候によりシャトルの打ち上げが順調に行えそうであれば、現地時間24日16:11(日本時間25日5:11)より注入が開始される予定。

今回のディスカバリー号では、国際宇宙ステーション(ISS)に各種実験装置や設備維持のための装置、6人体制になったことによりさらに十分物資などの補給が目的。

また、今回のフライトでISSの長期滞在クルーのTim Kopra宇宙飛行士が帰還し、代わりにNicole Stott宇宙飛行士が長期滞在クルーに加わる。スペースシャトルでのクルー交代は、今回のミッションで最後。今後は、ロシアのソユーズ宇宙船によりクルー交代が行われ、今年秋には野口宇宙飛行士が長期滞在クルーとしてソユーズ宇宙船でISSに向かう予定。