小型衛星放出技術実証ミッションの衛星を公開


120625_gsn_4539_l
(image credit : JAXA)
6月25日、つくば宇宙センターにて7月21日打ち上げ予定の国際宇宙ステーション(ISS)の補給機「こうのとり」3号機(HTV3)でISSに運搬し、きぼうモジュールから地球の周回軌道に放出される小型衛星がプレスに公開された。
今回のミッションは、7月15日打ち上げ予定のソユーズ宇宙船でISSへ向かう星出宇宙飛行士が滞在する期間に行われるもので、小型衛星放出技術実証ミッションというもの。今回こうのとりは、JAXAが募集した3機の他にNASAが公募した2機を合わせた合計5機を搭載してISSに向かう。
JAXAの公募3機は、福岡工業大学の「FITSAT-1(にわか衛星)」、和歌山大学と東北大学と東京大学の3校連携の「RAIKO」、そして企業からの応募で明星電気株式会社の「WE WISH」。
 
詳しくはJAXAのサイトにて